Skip Navigation
  • 会社紹介
  • 事業領域
  • 社会的責任
  • 環境安全経営
  • 社会貢献活動
  • 倫理経営
  • 法律遵守計画
  • サービス経営
  • 採用情報

倫理経営とは?

企業の経営活動において株主、顧客、協力業者、役職員、地域社会、そして環境など、すべての利害関係者との関係で遵守するべき価値を守っていき、積極的で主体的な姿勢で企業倫理の遵守を行動原則とすることを意味します。

すなわち、会社経営や企業活動において『倫理』を最優先価値と考えるため、企業は倫理経営によってすべての業務活動を透明で公正に合理的に遂行することになります。 倫理経営を実践する企業は経済的、法的責任はもちろん、社会的通念と期待される倫理的責任の遂行までを基本的義務として認めます。したがって経済的、法的に責任がなかったとしても、社会通念に外れないように社会が要求する倫理基準を選択する経営方式が倫理経営といえます。

ハンファギャラリアの倫理規範

制定目的

役職員が職務遂行上守るべき倫理基準を樹立して、協力会社との正しい取引関係を基に顧客に満足を与える正道経営を追求することを目的としています。

主要内容

  • 顧客に対する姿勢 顧客を尊重、顧客の満足、顧客の感動、顧客との約束
  • 株主の利益保護
  • 役職員の基本倫理 規定遵守、信義誠実、役職員間の金銭取引およ び贈答の禁止、相互尊重、自己啓発
  • 協力会社との関係 公正取引遵守、不当行為禁止、相互発展
  • 国家と社会に対 する責任 環境重視経営、安全管理および 事故予防

運営方法

倫理規範の行動綱領を制定して運営し、倫理規範を模範的に実践して遵守する行為に対しては褒賞を、倫理規範に反する行為に対しては懲戒措置を取るようにいます。

倫理規範

「称賛される企業になります。」という会社の経営方針に合うように顧客に満足と信頼を抱かせることができる企業への発展と、協力会社との健全な商取引秩序の確立および国家と社会に貢献する正道経営の模範企業に成長するために倫理規範を制定施行います。